間食は天敵じゃない!?間食でダイエット!?

>

みなさんこんにちは!南條です(*^^*)

今年の8月はもろ梅雨並みの天気で全く夏っぽくなかったですね(笑)

雨ばっかりで海に行く予定も無くなってしまいましたもん(泣)

花火大会も大変でしたよね(泣)

もうむしろ6月のほうが雨も少なくって夏っぽかった気がしますね(^_^;)

そんな8月も終わり9月に突入いたしましたが、皆様いかがお過ごしですか?

 

今日は『どうしてもお腹が空いて食べてしまう(泣)』というお悩みのお客様が多かったため、

少しでも役に立てれればという思いで、間食についてまとめていました(*^^*)


間食とダイエットの関係


間食とは、食事と食事の間にものを食べることを言いますよね。

デスクワーク作業など脳を使っていると、

糖を欲してしまいチョコレートやクッキーなどのおやつをついつい

つまんでしまうなんてことがあるのではないでしょうか?

この間食が、一日の総カロリーを多くとってしまい摂取カロリー>消費カロリーと言う割合になり、

ダイエットが上手くいかないという悩みになりますよね。

ダイエットを成功させるためには摂取カロリー<消費カロリーの割合にしなくてはなりません。

なので3食の食事のカロリーで収めましょう!

というころではありますが、わかっていても手を出してしまうのが本能(泣)

また職場の環境によっては、お昼ご飯から夜ご飯にかけての時間がながく、

夜ご飯食べる前にお腹が空いて間食なんて人もいるのではないでしょうか?

 

ですが!!そんな皆様に朗報です(*^^*)

『間食=太る』の考えは古い!と言われているくらい、

今は間食とうまく付き合ってダイエットを成功させている人もいるんだそうです!

 

しかも、逆に仕事で帰りが遅く、昼ごはんから夜ご飯まで時間が空く人は、

間食して空腹状態を緩和させてあげることがダイエットを続けられるコツになるんだとか!

 

というのは、ダイエット中は、いかに血糖値を一定に保つかが大切なります!血糖値の急上昇は、

肥満ホルモンとも呼ばれている「インシュリン」を過剰分泌させ脂肪増加の原因となってしまうからです。

血糖値を上昇させてしまう点としては、

・血糖値が上がりやすい食品(糖質の高い食品)

・食事の時間が5時間以上空く

事などがあげられます。

 

<血糖値が上がりやすい食品(糖質の高い食品)>

血糖とは血液中のブドウ糖の濃度のことをいいます。血糖値の急上昇を抑えるには、

糖質量を減らすことが効果的ですので、間食時はケーキやジュースなどいかにも糖質が高いものは避けましょう!

また糖質オフダイエットは有名ではありますが、減らしすぎても身体には悪影響になりますので、

炭水化物は摂らないなど偏りのある食事制限は止めましょうね!

 

<食事の時間が5時間以上空く>

次の食事までの時間が長いと、空腹になりますよね?

この空腹時というのは、私たちの体にとって軽い飢餓モードになっています。

体が「危険」を感じているため、少ない食事でも多くの栄養を吸収しようとします。

なので、ちょっとした食事でも血糖値が急上昇しやすい状態ため、

飢餓モードの時にガッツリ食事をしてしまうと血糖値が急上昇してしまい、脂肪が増加する原因になってしまうのです。

ですので、間食を摂り入れてあげる事で餓死モードも緩和され血糖値をゆるやかに保つことができるのです。

 

<『短期間で痩せたい』という方や、朝昼晩と5時間位の間隔で食事を取れているという方は、

できるだけ間食は避けてもらうことがダイエットの一番の近道ではありますが、

生活環境に合わせて間食を取り入れていくことも上手に痩せていくための方法でもあるのです(*^^*)>

 


間食ルール


◯食べる時間

間食のタイミングとしては、お昼ご飯・夜ご飯の前後同じくらいの時間が空いているのが理想です。

夕食が何時になるかわからない日は、15時から16時の時間帯が太りにくい時間と言われているので、

そのタイミングにとることをおすすめします◎

◯低カロリー

一日燃焼出来るカロリー量は人それぞれ違いますので、〇〇カロリーとってもいい目安を示すのは難しいです。

間食をしたとしても、消費カロリー以上の摂取をしては意味がありません。

摂取カロリー<消費カロリーを意識してとることが大切ですので低カロリーに抑えることをオススメします。提案としては、

ダイエットをしている人であれば、少し厳し目に、1週間で300キロカロリー(1日100カロリー×週3日)に抑える、

体重を維持したいという方は、少し緩めに、1週間で600キロカロリー(1日100カロリー×週6日)など、

トータルで考えてカロリー調整をするといいかもしれません(*^^*)

◯栄養成分

私たちの身体は食べたもので作られていきます。

せっかくカロリー摂取するのであれば、体にいいものを摂り入れたいですよね♫

間食するにあたって少量で抑えられるよう、噛みごたえがあるもの腹持ちのいいものを摂りり入れていきましょう!

その他にもタンパク質・ビタミンB1,B2は積極的にとることをオススメします(*^^*)

(たんぱく質は代謝を高めるための材料であり、また腹持ちが良くなるという効果があります。

ビタミンB1は糖質の代謝に必要です!)

また糖質の高い食べ物は血糖値を上げるので、脂肪になってしまう可能性が高いので気をつけましょう!

 

空腹が続くとストレスですよね(泣)

摂り入れるものを考えてみると、間食とうまく付き合うことが出来るかもしれません(*^^*)

ダイエットは辛いかもしれないですが、

食事では取りきれなかった栄養素を間食を通して摂る、

たとえ食べ過ぎてしまったと思っても、

諦めず運動をする・1週間は間食の量を減らすなど調整して前向きに考えるといいかもですね!!

あくまでも摂取カロリー<消費カロリーを忘れないようにしましょう!

 


オススメ間食!低カロリー!!腹持ち!!


<ゆでたまご>

cc1881163bbcf34177f753919e10ee83_s

ゆで卵はコレステロールが高いイメージで、ダイエットや健康に向かないような気がしますよね。

ですが食べ過ぎさえしなければ、ダイエット効果を発揮してくれるのです!

ゆで卵のカロリーは1個当たり90kcalと意外にも低カロリーで、

黄身が固くなるまでゆでて食べれば腹もちがよく間食にオススメなんです(*^^*)

その理由は卵が熱を加えられて硬くなると、

胃の中にとどまっている時間が長くなるから、腹持ちが良いのです♫

しかも卵には代謝を上げて脂肪を燃焼させる効果のアミノ酸が豊富に含まれていて

ダイエットにオススメなのです!

<寒天ゼリー>

f47d3bc4b2daab96cebccd7df2935395_s

寒天といえば、低カロリーの食材として有名ですよね。

寒天は低カロリーだけではなく、食物繊維も豊富に含んでいるので、腸内環境に良い食材です。

そして、余分なコレステロールを体外に排出してくれるので、

健康的に痩せることができると期待されています。

健康効果も高く、糖と脂質の吸収を遅らせる効果もあるので、ダイエットにはもってこいの食材なのです。

コンビニもスーパーで手軽に買えて、豊富な種類もあるので試してみる価値あり♫

<煮干し>

b76c0bcf248515340a64004bc7ddfe6a_s

歯応えがあり、よく噛んで食べるため満腹中枢が刺激されます。

また、煮干にはカルシウムが多く含まれているため、太りにくい体にしてくれます。

(カルシウム不足は甲状腺ホルモンがたくさん分泌されて

脂肪を分解する酵素であるリパーゼの働きを阻害し、脂肪の蓄積を助けてしまうのです。)

おやつに煮干を食べるようにすると、空腹を満たしてくれるだけでなく、カルシウムも摂取できるため、

一石二鳥な食材なのです。
 また、タンパク質が約60パーセント含まれています。

健康的に痩せるならタンパク質を摂れ!と言われているくらい、大切な栄養素です。

<ブランパン>

ローソンで販売されいている、糖質制限を意識した人気のパンシリーズです!

ブランとは、小麦ふすまのことで、食物繊維を含む小麦の外皮です。

ブランにはカルシウムやミネラルが豊富で、ダイエットや健康に良いと注目されている食材です。

私が参考にしてるユーチューバーでも紹介されていて、減量など置き換え間食に話題になってました!

ブランパンはには小麦粉で作られたパンと比べるとタンパク質が3倍ビタミン・ミネラルが2~6倍

食物繊維が10倍も含まれています。
 また、糖質は9割以上少なく、低糖質なパンです。

低カロリーで低糖質なのにしっかりとパンを味わえるというのが魅力です(*^^*)

味も種類も豊富なので、朝はパン派の人には朝ごはんにもおすすめです!

<ヨーグルト(オイコス)>

ダノンオイコスは、脂質ゼロで100カロリー未満、タンパク質が通常のヨーグルトの2倍、

カルシウム、ビタミンB1(糖質代謝)B2(脂質代謝)D(肥満予防)、

ミネラル、アミノ酸(脂肪燃焼効果)などの豊富な栄養素、水切りヨーグルトの濃厚な食感により満足度が得られるなど、

低カロリーで高タンパク質とダイエットのサポートになる嬉しい栄養素ばかり!!

コンビニで手軽に買えて、味の種類も豊富で、不足しがちな栄養もカバーしてダイエットによる栄養不足を補えて、

間食にはもってこいのヨーグルトです(*^^*)


<まとめ>


いかがでしたでしょうか?

間食=太るというイメージが強いですが、けして間食は天敵ではないんです!

ダイエットでは栄養素が不足しがちですので、補食するイメージで摂り入れるものを考えながら間食すれば、

味方にもなるのです(*^^*)

ご自身の生活スタイルに合わせて是非参考にしてみてください(*^^*)

04441ec7aa258602ba6ba5a15ba9cdec_s

また当店では、皆様の生活スタイル・予算をふまえて痩身コースも提案させて頂いてます!

まずは体験からでもぜひおためしください(*^^*)

皆様のお役に立てれるようスタッフ一同お努めいたします。

 

皆様のご来店心よりお待ちしております(*^^*)

ビューティーパートナー新宿店

By

ご予約はこちら

ご希望の日程、メニュー等をご入力下さい。内容ご確認後当店よりご連絡させて頂きます。
ご新規の方の場合はカウンセリングがございますので、+30分程度お時間を頂いております。余裕を持ってご予約下さい。
会員様、ご来店歴のある方は下記からご予約下さい。
会員様のご予約はこちらから


お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号 (必須)

メニュー選択 (必須)

第1希望日 (必須)

第1希望時間帯 (必須)

第2希望日

第2希望時間帯

ご連絡事項