ラジオ波とは?キャビテーションとの違い・効果

>

IMG_6776

こんにちは☆川谷です。

先日静岡に行ってきました!

今年初海!!だったのですが台風が近づいてきていた影響か

曇り空で時々雨が降るというなんとも言えない天候でした…(;´Д`)

でも水着着れたし!海でプカプカ浮かんでとても

楽しい時間を過ごしてきました!(笑)

ただ次の日は絶望的なほどの嵐で帰りがかなり大変でした…^^;

そして今日はラジオ波についてお話していきたいと思います。

前々回はキャビテーション

についてお話させていただきましたのでそれと合わせて

お読みください。


ラジオ波とは


IMG_6776まず、ラジオ波をあてたことある方はわかると思うのですが

キャビテーションと違いあてた個所がだんだん温まってきます。

ではなんで温めるのかというと、

あてた個所を温めることで代謝を活発にしなおかつ

キャビテーションで細かくなった脂肪細胞をどろどろに溶かし

体外に排出しやすくするのです!!!

ラジオ波は超音波とは違い高周波が出ており

それが脂肪の奥の皮下組織まで届いて

体内にある分子や水分を振動させることによって

熱が発生し体内から温まるのです。


キャビテーションとラジオ波の違い&メリット


キャビテーションの記事を読んでいる方は

多少なりとも違いが分かると思うのですが

まずはキャビテーションです。

IMG_6757

  • 部分痩せしやすい
  • リバウンドしにくい
  • 痛くない
  • やけどしない傷ができない
  • 人によっては即効性がある
  • セルライトも壊せる

 

ラジオ波の場合

IMG_6777

  • 比較的1回から2回で効果が出やすい
  • 健康にもいい
  • キャビテーションで壊れた脂肪を溶かし排出しやすくしてくれる

特に健康面においては基礎代謝が上がり平熱も上げてくれます。

ただし1回2回の施術で上がるわけではないのです

体質改善には最低でも8回から10回はあてていただくことをお勧めします!!


施術前後の注意!


  • 水分補給

キャビテーションでも同じですがせっかく機械を当てたのに

水分が足りていないだけでいくらラジオ波で脂肪を溶かしたからと言って

必ずしも排出がうまくいくとは限りません。

できるだけ日ごろからもしくは前日から1.5リットルくらいの水分を摂っていただいたほうが

より排出しやすくなります。

体を冷やさないように白湯もしくは常温のお水がおすすめです。

  • 施術前後の飲食

ラジオ波で脂肪はドロドロに溶けていきますが

その時に脳では脂肪を取り込むように指令を出しているのです!!!(*_*)

なのでこの時に食べたものはいつもより吸収されてしまうのです!!!

できるだけ施術前後2時間から3時間は時間を空けたほうがより維持しやすくなります。

  • お風呂も!!!

実はラジオ波の場合お風呂にも注意してください。

なんでかといいますラジオ波で体内・深部を41度程まで温めているのですが

お風呂に入るとお風呂の温度のほうが低いため

どろどろになった脂肪がまた固まりだしてしまうのです。

できれば施術後2時間以内はお風呂に入らないほうがいいです。


いかがでしたでしょうか?

キャビテーションだけ ラジオ波だけ

より一緒に取り入れることでより良い結果が出ることが

わかったかと思います。

当店ではこの2つの機械を中心とした

キャビテーションコースがございます。

ぜひ試してみてその効果を実感されてみてはいかがでしょうか?

皆様の悩みが少しでも減らせるようお手伝いできたらと思っております!

 

By

ご予約はこちら

ご希望の日程、メニュー等をご入力下さい。内容ご確認後当店よりご連絡させて頂きます。
ご新規の方の場合はカウンセリングがございますので、+30分程度お時間を頂いております。余裕を持ってご予約下さい。
会員様、ご来店歴のある方は下記からご予約下さい。
会員様のご予約はこちらから


お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号 (必須)

メニュー選択 (必須)

第1希望日 (必須)

第1希望時間帯 (必須)

第2希望日

第2希望時間帯

ご連絡事項